World Mountains | 世界の山

相互リンクお申し込み/お問い合わせはコチラ


世界の山標高順

日本の山標高順

太陽系の山標高順

日本の低い山

モバイル版

モバイル版QRコード

World Mountains モバイル版
携帯からでも世界の山情報を配信しています。

お問い合わせ

相互リンクのご依頼やお問い合わせはこちらからお寄せ下さい。

LINK

当サイトと相互リンクして頂いているサイト様の一覧ページです。

エベレスト(8848m)

エヴェレストの標高については諸説あり、1954年にインド測量局が周辺12ヶ所で測定しその結果を平均して得られた8,848mという数値が長年一般に認められてきた。1975年には中国政府が雪面を含む標高を8,849.05m(8,848.13m+積雪0.92m)と測定した。1999年、全米地理学協会はGPSによる測定値が8,850mだったと発表した。2005年10月9日、中国国家測量局が2005年5月時点での標高は8,844.43m(3.5mの氷雪は標高に含まず)と発表した[1]。ただし、ネパール政府は現在もこれらの測定結果を認定せず、公式には8,848mとしている。地殻変動、地球温暖化による影響などもあり、標高は年々変動していると考えられる。

エヴェレストの南麓に位置するネパールのサガルマータ国立公園はユネスコの世界遺産に登録されている。度重なる登山の遺留物、廃棄物で周囲はかなり汚れていることが指摘されており、野口健らによる清掃登山も行われている。

 

 

登山料
エベレストに登頂するにはネパール政府に登山料を支払わないと登れないシステムになっている。ルートは15種類あり、そのうちの最も安い「ノーマルルート」は1人25,000米ドル(日本円で約240万円)である。ただし「ノーマルルート」は人数が多くなると割引があり、最大の7人参加の場合70,000米ドル、1人あたり10,000米ドルとなる。登山料は一度払うと2年間は登る権利があるが、キャンセルした場合でも一切返還されない。

遭難
登山ルートには、随所に遭難者の遺体が凍結放置されている。また、遭難死の7割は下山時に発生している。死亡率は5%前後とされている。

地質
山体はチョモランマ層、ノース・コル層、ロンブク層の3つに区分される。それぞれが低角度の衝上断層で境される異地岩体である。ゴンドワナ大陸の一部であったインド亜大陸が白亜紀にマダガスカル島から分離し、新生代にユーラシア大陸に衝突し、ヒマラヤ山脈ができた。頂上から8600mのチョモランマ層はエベレスト層とも呼ばれ、石灰岩、ドロマイト、シルト岩から成る。オルドビス紀を示す三葉虫やウミユリの破片を含む。8600mから7000mのノース・コル層のうち、上部8200mまでが有名な「イエローバンド」で、エベレストの写真にはっきり写る白い帯である。大理石が風化して黄褐色になったもので、ウミユリを含む。8200mから7600mは千枚岩と片岩から成る。7600mから7000mは片岩に大理石薄層が挟まれる。以上の変成岩は泥岩、頁岩、砂岩、石灰岩などから成るフリッシュが変成作用を受けたものである。7000mより下のロンブク層は片岩と片麻岩で、様々な厚さの白粒岩の岩脈と岩床が無数に貫入している。

 

 

 

オススメのサイト一覧